川崎大師観光案内センター

トップページ > 川崎大師平間寺

川崎大師平間寺

川崎大師平間寺

毎年正月三が日には260万人以上の参詣者が訪れ賑わう川崎大師は厄除のお寺として全国にその名が知られています。正式の名称は真言宗・智山派大本山金剛山金乗院平間寺です。またご本尊は厄除弘法大師尊像です。文化10(1813)年 第11代将軍徳川家斉が41才の前厄にあたり厄除を祈願に公式参拝したことにより、厄除の効験があるとして、庶民はもとより武士階級にまで信仰が広まって、日帰りのできる関東の代表的な霊場として多くの人々が訪れるようになり今日に至っています。

お護摩

お護摩とは、梵語でホーマ(homa)といい、<焚く><焼く>などの意味をもつことばで、仏の智慧(ちえ)の火で煩悩(苦の根元)を焼きつくすことを表します。

このお護摩は煩悩を焼き浄め、大厄を消除し、さらには家内安全、商売繁昌、病気平癒、心願成就など、開運の祈願に効験があるとされています。

お護摩修行時間

午前 6:00(10月〜3月は6:30 但し21日は6:00)、9:00、10:30、11:30
午後 平日及び祝日 1:00、2:30、3:30
日曜日及び21日 1:00、2:00、3:00、4:00
(20日のみ) 7:00

※正月にかぎり祈祷時間が変更されることがあります。

お護摩祈願料

5,000円  7,000円  10,000円
大護摩  20,000円  特別大護摩  30,000円以上

初まいり・七五三

初まいり

お大師さまの子として赤ちゃんの健やかな成長がお祈りされます。

七五三祝子育祈祷月間

11月15日の七五三祝いの日を中心に一カ月間、かわいいお子さまがお大師さまのご加護によって、明るく健やかに育つようにとの願いをこめて、七五三祝子育祈祷会の修行が行われます。

自動車交通安全祈願

首都高速道路大師ジャンクションに隣接、国道409号に接する川崎市川崎区大師河原に新しい自動車交通安全祈祷殿が、平成18年4月29日に落慶しました。

自動車交通安全祈祷時間

午前 9:00、9:30、10:00、10:30、11:00、11:30、12:00
午後 1:00、1:30、2:00、2:30、3:00、3:30、4:00

※20日(宵大師)は午後5時、6時、7時のご祈祷があります。
※21日(ご縁日)は午後4時30分が最終です。
※正月にかぎり祈祷時間が変更されることがあります。

ご祈願料

一台につき5,000円です。 (お護摩札、交通安全守り、身代守り、ステッカー、聖語便箋が授与されます)

年間行事

元旦の元朝大護摩供から除夜法楽まで、一年を通じ様々な行事が行われています。

川崎大師のホームページはこちら